--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.12

001:風 (鑑賞/~05.12)

(ケビン・スタイン) (In Other Words・別の言葉で)
空き家では飾りっぱなしの風鈴が鳴ってる2月 長い真夜中
  ■「長い真夜中」にノックダウン。
   その言葉が空き家の淋しさを強調させてて切ないです。ちりんちりん


(遠山那由) (百億粒の灰の鳴る空)
詰問には沈黙を返す 西風が見てきたような嘘はつかない
  ■嘘はつかないけれど本当の事も言わない


(折口弘) (はっちんずBLOG)
湯上りのさやかに渉る風になりあなたの熱を奪って逃げたい
  ■湯上りの熱を奪うとはなんたる罪!
   だけどその熱はやっぱりほしくなっちゃいます。
   「あなた」ならなおさら?

(yasubow) (忘れえぬ人々)
体液という吐露にむけ卑しさと悲しさこめてビル風は吹く
  ■情景から目が離せません


(なかはられいこ) (みんなだれかの夢だから)
花冷えの額と額よせあって頭蓋にひそむ風を聴いてる
  ■そんなふたりになりたい。

(村上きわみ) (北緯43度)
よくのびた四月の腕にまきとられ風があまさを増してゆきます
  ■桜、を想像しました。
   「あまさを増してゆきます」が大好きです。

(沼尻つた子) (リップサービス)
すりぬける風とくちづけかわしあいロナウジーニョの歯茎は乾く
  ■前半と後半の言葉の印象の差がすてきです!
   くちづけ、と歯茎のポップさがかわいい。
スポンサーサイト
2006.05.11

002:指(ゆづ)

呼吸器のひとつひとつを愛でている指が知らない生物になる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。