--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.30

完走報告(ゆづ)

毎年毎年、ぎりぎりまで唸ってますが今年もなんとか完走することができました。
ほっとしながら、じっくり自作の反省を踏まえて
題詠100首を振り返らせて頂きたいと思います。

いつもペース配分が下手くそでラストスパートで大変なことになっているのですが
題詠マラソン、題詠100首は楽しくてやめられません。

五十嵐様、そして皆様ありがとうございました。

スポンサーサイト
2006.10.30

100:題(ゆづ)

宿題はまた明日でいい僕たちは大人にならない夏休みにいる
2006.10.30

099:刺(ゆづ)

いつまでも私のままでいたかった子宮に刺さった抜けないあなた
2006.10.30

098:テレビ(ゆづ)

真夜中のテレビの光にさらされてひとりっきりが全国ネット
2006.10.30

097:告白(ゆづ)

たとえばの話をやめた青空に浮かぶ告白あの夏の日の
2006.10.30

096:器(ゆづ)

嘘ひとつさえ満足につくことのできない不器用なあなたが好きよ
2006.10.30

095:誤(ゆづ)

かなしみ、と安易に呼ぶなよ誤字脱字だらけの世界は不確かなのだ
2006.10.30

094:流行(ゆづ)

あの人は今年流行っているらしい来年になったら好きになれそう
2006.10.30

093:落(ゆづ)

落ち葉だけ踏みしめていく秋色のルールでいつかあなたに会える
2006.10.30

092:滑(ゆづ)

滑らかな肌を這う指見せられてうらやましいすら思えずにいた
2006.10.30

091:砂糖(ゆづ)

ふわふわの砂糖菓子でできているおんなのこだから食べちゃいたくて
2006.10.30

090:匂(ゆづ)

やむことのない雨が降り動かない体は土の匂いにまみれて
2006.10.30

089:無理(ゆづ)

今すぐに会いたいあいたい(無理言ってごめんね)ここに来てよ今すぐ

2006.10.30

088:銀(ゆづ)

まっさらな記憶の中で懐かしい温度をしてる銀色だけは

2006.10.30

087:朗読(ゆづ)

世界中あふれた音に名をつけて朗読しているのだ僕たちは

2006.10.30

086:メイド(ゆづ)

海こえた国で会おうねメイド・イン・チャイナの約束波にさらわれ

2006.10.30

085:富(ゆづ)

夢に富むバクのお茶会ああそれは私があの頃持ってたものだ

2006.10.30

084:世紀(ゆづ)

世紀末スカイフィッシュが横切った空に向かってただ走り出せ

2006.10.30

083:拝(ゆづ)

真冬日はくちづけひとつが拝観料大仏さまが差し出す頬に
2006.10.30

082:整(ゆづ)

プリクラを整理している 頬よせて笑いあってた し あ わ せ だ っ た

2006.10.30

081:硝子(ゆづ)

幸福なままでいられるわけはなくいつか硝子の靴も砕ける

2006.10.30

080:響(ゆづ)

僕たちはいつまでもかなしい音を響かせながら眠りつづける

2006.10.30

079:芽(ゆづ)

春だから芽吹いてもいい恋心 そんな予感で電車に乗った

2006.10.30

078:予想(ゆづ)

恋人がそう言うことを知っていた予想したままの未来だった

2006.10.27

077:針(ゆづ)

針千本分の約束 その細い小指はちぎれてしまうね、たぶん
2006.10.27

076:あくび(ゆづ)

手探りですすんだ恋を思い出すあくびひとつもできずにいたね
2006.10.27

075:打(ゆづ)

教会にて打ち鳴らす鐘しあわせを運ぶ音だとあなたは言った

2006.10.26

074:水晶(ゆづ)

取り出した水晶体に映ってるこのまま私だけを見ていて

2006.10.26

073:トランプ(ゆづ)

有罪を言い渡します盛大なトランプ兵のラッパの中で

2006.10.26

072:箱(ゆづ)

パンドラの箱を抱えた少女らがほろんだまちをスキップしてる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。