--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.30

スカイフィッシュとぼく

重なった部分はまだ肌 金属になっても忘れたくない温度

地下鉄をスカイフィッシュが通過する粒子の中で私は生きる


                     (笹短歌ドットコム:「SF」お題投稿)               
スポンサーサイト
Posted at 09:28 | 短歌 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.30

さらわれた昨日

攫われたことにしておく何一つ思い出せない昨日のさよなら

楽園と呼ばれた地球を知っている最後の一人についにはなりゆく

忘れても消えない面影は大事にフラスコの中で育まれつつ

冷静に指を絡める茜色ではなくなった夕焼けの下で

体温をなくした町では眠らない銀色人が動き続ける

キスマーク代わりにおとすミステリーサークル青い瞳に恋した

ノスタルジー/ノスタルジア/ノスタルジック 知らない星を故郷と呼んだ

嘘ばかり並べて箱庭の世界 夜の帳に隠したひかり



                  (笹短歌ドットコム:「SF」お題投稿)
Posted at 09:27 | 短歌 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。