--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.18

出走短歌[31-50]

031:盗*
あの人の顔の数を数えれば月が満ちてく怪盗X

032:乾電池*
充電も乾電池もからだからもうそろそろ眠りにつこうと思う

033:魚*
夏祭りで掬った金魚に似ていると思う今夜は息ができない

034:背中*
噛みつきたいような背中で誘惑をしてくるきみが   本当はすき。

035:禁*
屋上が立入禁止になっていて私に空が届いてこない

036:探偵*
最高の名探偵でも気分屋のあなたの気分にさじを投げてる

037:汗*
ゆっくりと冷や汗伝う感触を確かめている椿になりたい

038:横浜*
横浜の何も知らないふりをしてあなたの横をキープしている

039:紫*
恋人が迎えに来るまでここにいて紫陽花みたいにぬれてるのもいい

040:おとうと*
おとうとはままのおなかでいきをしてそとのせかいでいきをとめたの

041:迷*
最後にはあみだでいいやと言うくせにいつまで迷っているおつもりで

042:官僚*
贅沢な官僚夫人の座を前にちょっと冒険してみませんか

043:馬*
愛される為なら大馬鹿者にでもなってもいいと思えるほどには

044:香*
あの部屋にいた時おぼえた香水がただ強すぎて困っているだけ

045:パズル*
難解なパズルでいたい簡単な言葉でおちるとおもわないでね

046:泥*
わたしだけ覚えているよな泥色の約束いつか綻んでいく

047:大和*
探しびと見つかりましたかささやかなあなただけの大和撫子

048:袖*
こうやって袖振り合うのも何かの縁きれていくのも何かの縁

049:ワイン*
したためた血の色ワインに血の色のくちびる外はネオン血の色

050:変*
えいえんに変わらないものなんてない最後にのこるさよなら以外は
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/17-42643cd5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。