--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.03

005:サラダ 2005鑑賞

生沼義朗
悲壮感漂うまでにきららかに京菜のサラダは酢にまみれいる
 (きららか。きららかがたまらなく好き。 )

史之春風
主婦だからサラダオイルの染みくらい上手に隠せる秘密にしてよ
 (主婦だからの理不尽で素敵な言葉に感服。 )

植松大雄/SERENO
三月のサラダバーへと迷い込む 仕組まれ切った恋のはじまり


田丸まひる
わたしよりきれいな指を持つひとがちぎるサラダ菜(寒いね)(そうね)


やまもとまき
うしろから突然抱きしめられたのでサラダ・ボウルがおっこちました
 (あこがれます、こんなこと)

海神いさな。
真夜中にひとりで食べる冷えすぎたサラダ泣いてもだあれもいない
 (「だあれも」表記がすきです。)

嶋本ユーキ
空っぽは見つめるほどに歪みだすサラダボウルの夜が哀しい


なかはられいこ
さらさらと過去になりますわたしたちサラダボールにレタスを盛って
 (さらさら。)

オカザキなを
歯ごたえがいいの海草サラダって(明るくあったかかったあの海)


大江ケンジ
温かいサラダがさめていくような眠りにおちるまでのさみしさ
 (ゆっくりとしたさみしさが、少しだけあたたかくって。)

かとうそのみ
サラダ菜の先でくすぐりあうような青春というなまえの話
 (その青春というなまえのお話をぜひきかせてください。
  そのみさんのかわいらしさ、くすぐったくてだいすき。)

篠原となみ
あいまいな自我がふくらむ春の日のサラダにのこす歯形 たとえば


藤矢朝子
これくらい透けて見えたらいいのにね君の心とサラダの玉ねぎ


桜小町
やきもちを焼いた分だけちぎられるサラダでその日の機嫌をはかる


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/26-e7a1a2a3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。