--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.08

008:鞄 2005鑑賞

穴井苑子
さまざまな便利グッズでいっぱいの鞄の中にかなしい理由
  (どれだけ便利だって、満たされなければかなしい、ですよね。)

-----------------------------------------------------------------
樹里
お互いの心ひとつを入れて置く鞄が欲しいと呟いた春

-----------------------------------------------------------------
野良ゆうき
身のほどのいかがわしさを持ち歩く鞄の中の腐った林檎

-----------------------------------------------------------------
落合朱美
鳴り響く携帯探すカフェテラス鞄の中身をぶちまけており
  (そういう時に限ってみつからない。あたふたふた)

-----------------------------------------------------------------
内田かおり
ポケットのたくさん付いた鞄なら小さな秘密も隠せそうだし
  (そうしてどこにしまったのかわからなくなってみたり。
   隠す秘密が「小さな」というのがかわいらしくて。)

-----------------------------------------------------------------
あみー
あの人に書いた手紙が今もまだ鞄の中で黙っています

-----------------------------------------------------------------
杉山理紀
ななめがけ鞄の重さの確かさにつまづく感じ 手をつないでて

-----------------------------------------------------------------
emi
抱えてる鞄のかたち気になってどんな言葉もきっと言えない

-----------------------------------------------------------------
田丸まひる
自由などかんたんでしょう真新しい鞄の蝶々ボタンをちぎる
  (ちぎられた蝶々もちぎった手も、もう自由。)

-----------------------------------------------------------------
里都 潤弥
鞄には濡れたナマモノ詰め込んで自分で自分をねじらせながら
  (「自分で自分をねじらせながら」に何だかはまる。)

-----------------------------------------------------------------
岡村知昭
麻薬ではない麻薬ではないけれど黒い鞄にひたすら詰める
  (麻薬よりもきっとすごいもの、だと思うのだけど。)

-----------------------------------------------------------------
秋月祐一
鞄のなかの海に棲んでるクジラごと消えた少女をさがしてゐます
  (みつかりましたか、その少女は今、)

-----------------------------------------------------------------
汐見ハル
ハンカチもティッシュも夢も詰め忘れ駆け込む鞄の折り目正しさ

-----------------------------------------------------------------
夏瀬佐知子
鞄には憶えきれないものばかり詰まっているから 忘れてはだめ
  (だから決して離さないように。)

-----------------------------------------------------------------
海神いさな。
嘘つきのマニュアル詰めた鞄です 重くて怖くて笑うだけです

-----------------------------------------------------------------
駿河さく
パインアメばかりで埋まるスクール鞄 万物は流転するのでしたね
  (前半と後半のギャップに惚れます)

-----------------------------------------------------------------
島なおみ
夕暮れの車掌鞄の黒こげの口が銀貨をこぼす春です
  (銀貨、がなんかいいなあ)

-----------------------------------------------------------------
紺乃卓海
急行の通過する駅駅ごとに置き去りにしたい鞄と右手

-----------------------------------------------------------------
瀧村小奈生
バイバイってへんてこりんだ白線の内側きみの鞄に腰かけ
  (へんてこりん! 粋で可愛くて少女みたいで!)

-----------------------------------------------------------------
柴田 瞳
鞄ごと抱き締められてそれがもう十六歳の精一杯で

-----------------------------------------------------------------
小野伊都子
たくさんの鞄を持って出かけてもいつも何かが足りない旅だ
  (その「何か」はわからない、何か。)

-----------------------------------------------------------------
しのざき香澄
いいこととわるいことまざらぬように鞄のなかはしきられている
  (しきられているわけはそうだったんだ!)

-----------------------------------------------------------------
大江ケンジ
いつだってからっぽ鞄ぶらさげて歩いていたね海まで 彼岸

-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/29-2274f9c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。