--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.27

過去ログ[18] 題詠マラソン2005

004 : 淡 おやなぎ しま
肌に沁むほど塩辛い恋をした吾は淡水魚ではなかった


012:メガホン 愛観
メガホンは自分で取りたい主演でも誰かの作る恋はまっぴら


014:主義 愛観
携帯のメールは読まずに削除する今日から君には揺らがない主義


010:線路 足立尚彦
生命線運命線路線図を掌中に秘めずんずんと行く


003:つぼみ 杉山理紀
思い出をひらがなにして眠る夜のつぼみのなかのあなたにさわる


006:時 杉山理紀
仕掛けあう時限爆弾探しあうくちづけをして潰すオレンジ


023:うさぎ 岩井聡
顔なでて背中をなでて腹なでて朝晩なでてうさぎが死んだ


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/3-e6918dbe
この記事へのトラックバック
   はらのめ香に迫る薔薇の芽病みてあらむ日の 思ひほとろに到るさみたれそこはかとなきけねん告げ居てなほ招く違和うつろめく世を失せ得ぬもわれ故そ おさへ据ゑ經ん愛得し百合を少し塵踏む世をやかにせまるはらのめやみてあらむひのおもひほとろにいたるさみたれそこ
歌物語 うつしみ四十 | いろは 伊呂波 IROHA at 2005.06.03 15:55
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。