--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.11

002:指(ゆづ)

呼吸器のひとつひとつを愛でている指が知らない生物になる
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/34-39623043
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。題詠100首ブログから飛んできました。
僕も参加する予定です(まだ、歌は出していません)。

この歌、好きです。 「知らない生物」というのが、効果的だと思いました。
突然、失礼しました。また、お邪魔します。
Posted by at 2006.05.22 23:49 | 編集
好き、とおっしゃってくださってありがとうございます。
後半の句は割りと好きなので嬉しいです。

羊さんも参加されるご予定なんですね、
羊さんの短歌を読めることを楽しみにしています!

ではではお互いに頑張りましょうね(^^)
Posted by ゆづ at 2006.05.24 11:24 | 編集
お邪魔致します。題詠100首に参加していたみち。と申します。
完走おめでとうございました☆そしてお疲れ様です♪
題詠100首は終了しましたが、自ブログで鑑賞を続けております。
こちらのお歌がとても素敵だったので、勝手ながらブログのほうへお借り致しましたので、ご挨拶に参りました。
またお借りすることもあるかと思いますが、よろしくお願い致します。
突然失礼致しました。
Posted by みち。 at 2006.11.01 21:52 | 編集
みち。さん、はじめまして。
みち。さんも完走おめでとうございますv
やっぱりゴールテープを切ることが出来ると
やり遂げたっていう感じの爽快感がなんともいえないですよねv

私の「指」短歌、とりあげてくださってありがとうございます。
こちらこそ、これからも
どうぞよろしくお願いします。
Posted by ゆづ at 2006.11.08 10:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。