--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.30

題詠blog2008、いちご摘み短歌一覧

今年の題詠100首ですが、勝手にお題を追加しまして
いちご摘みをやってました。
前の短歌より一語を摘みながら、本題も入れ込んでます。

※003の短歌だけ二語摘みになってしまってますが……ご愛嬌、ということでひとつ(…)。

*001:おはよう/キス(100題目の短歌より)
宝物みたいにおはようを抱きしめる寝ぼけまなこに金色のキス

*002:次/抱
二度三度まばたく合間に次々と弾ける欠片を懐抱したい

*003:理由/欠(度)
欠け落ちた理由はいつもぬるま湯のような温度でほほえんでいる

*004:塩/度
飽和することを知らない瞼裏で塩分濃度はただ増すばかり

*005:放/濃
虹色の放物線になる途中だった二人の夏の濃い影

*006:ドラマ/色
ソファには指先が色めき並んでてドラマに集中なんてできない

*007:壁/並
気付かれないように相合傘をさす壁の隅っこに並んだ名前

*008:守/名前
かさぶたに隠した名前は夜色の絆創膏に守られている

*009:会話/隠
つながらない会話を思うちぐはぐのパズルのピースに隠された嘘

*010:蝶/嘘
羽を散らす蝶は花蜜の中心でメランコリアの嘘を愛した

*011:除/蜜
雨除けは笑う二人が蜜月に甘く溺れることだけを願って

*012:ダイヤ/甘
君のリダイヤルになりたい 無防備な喉仏を甘く撫でつけて思う

*013:優/喉
感情の類は喉に引っ掛けて優しく抱かれているだけでいい

*014:泉/情
またひとつ沈んだ夏の情愛が泉の底で静かに冷えゆく

*015:アジア/静
静寂の真夜中燃えるしなやかに咲いたアジアの一輪はただ

*016:%/夜
晴れ時々雨、夜更けすぎ10%で帰れない猫ふたりきり

*017:頭/猫
気づいてるんでしょう睫毛が揺れるたび震えるピンクの恋猫の頭痛

*018:集/睫毛
色褪せた集合写真で出していた舌があなたの睫毛を撫でる

*019:豆腐/舌
あっけなく欠けた湯豆腐を掬いとる嘘吐きの舌はやわくくずれる

*020:鳩/掬
一掬の涙を撫でる風が抜け山鳩色の袖が揺れてた

*021:サッカー/涙
涙とか愛とか諸々包みこめサッカーボール大のおにぎりに

*022:低/愛
穏やかな低空飛行の波のままに熱を分け合い愛で痴るばかり

*023:用紙/空
胸に抱く空色画用紙うつむいたまま夕焼けに染まってたふたり

*024:岸/ふたり
犬よりも猫 ひとりよりふたり 海岸沿いの白い家に住みたい

*025:あられ/白い
触れるだけで壊れてしまいそうだった頭上に舞う仄白い雪あられ

*026:基/雪
新雪を踏みつけながら考える好きと嫌いの基準値のこと

*027:消毒/好き
念入りに消毒液を撒き散らし何度も思う 大好きでした

*028:供/散
部屋中に散らばる使われないままのオブジェとしての試供品たち

*029:杖/試
つき直す頬杖の位置が定まらず試しに名前を呼んでみるけど

*030:湯気/直
ぼんやりと湯気を挟んで向かい合う素直になれない初冬のココア

*031:忍/冬
絡まってゆく忍冬このまんま最後まできれいに融けてゆけたら
※忍冬=スイカズラ

*032:ルージュ/最後
置手紙もメールもできず君の頬へルージュで最後の言葉を残した

*033:すいか/君
君を待つためいきの午後はうすいかわさえ破れないさなぎのようで

*034:岡/午後
パンケーキと午後の香りが満ちていて思わず岡惚れしそうなひなた

*035:過去/ケーキ
つつきあうショートケーキからこぼれ落ちるイチゴ全部過去形で話す

*036:船/イチゴ
瓶詰めの船に潜んだ声を思い氷イチゴをしゃくしゃくと割く

*037:V/潜
大切なもの潜ませたVラインネックのセーターの際どいところ

*038:有/ライン
ゆっくりとアンダーラインを引きました あなたの稀有なやさしさでした

*039:王子/ゆっくり
王子にはなれないことを知り終わる私の少年期はゆっくりと

*040:粘/少年期
瞬きの数だけ紙粘土の中へたしかに少年期を閉じこめた

*041:存在/たしか
爪痕に触れると熱が重なった存在してるたしかにしてる

*042:鱗/触
正論ではもう止まれなくて触れたくて鱗を撫でては傷ついていく

*043:宝くじ/正
正直に言います宝くじははずれましたけど結婚しませんか

*044:鈴/結
結びには鈴カステラって付け足して甘い響きで鳴らす戯言

*045:楽譜/鈴
楽譜からこぼれた鈴の音だけが本当のことを言ってた気がする

*046:設/気
シリカゲル設置しました存分に君への気持ちを乾かしていく

*047:ひまわり/置
太陽しか知らないひまわりの位置づけで欠けたミュールのかかとも愛す

*048:凧/かかと
どこまでも高くいく凧追いかけるかかとが地面を忘れる瞬間

*049:礼/追
起立、礼、着席、それから正直な視線は君を追いかけてばかり

*050:確率/線
あやうげに揺れるグラスの水平線あふれてしまう確率は高い

*051:熊/グラス
君のレモングラスは木枯らしと一緒に熊手の合間を抜けてったまま

*052:考/レモン
いつかくる安らぎについて考えてそれからレモンピールを食んだ

*053:キヨスク/安
初めての駅だけどそこにもキヨスクがあって何だか安心してる

*054:笛/初めて
帰り道並んだ影が初めての口笛をいつまでも吹いてた

*055:乾燥/影
お揃いのカップが乾燥するまでは眠ろう影法師しばらくここで

*056:悩/眠
眠る前煩悩をひとつずつ愛でる膝裏をくすぐる君の指とか

*057:パジャマ/膝
剥き出しの膝を抱えて無造作に放られたベッドのパジャマをにらむ

*058:帽/無
無防備に晒された唇のせい目深に被った帽子の誘惑

*059:ごはん/唇
いたずらにつけられた右頬のごはんつぶを彼女の唇が攫う

*060:郎/女
不器用な小指をほどいた待つつもりはもうなくて女郎花が枯れる

*061:@/待つ
返信を待つうち迷い込む深夜の@の渦の中心

*062:浅/渦
脱げかけのサンダルで佇む浅瀬 カレイドスコープ乱反射の渦

*063:スリッパ/脱
ケトルの音さえ聞こえないスリッパは脱げた形のまま取り残され

*064:可憐/取
甘い取捨選択ばかりねカスタード バニラよりも可憐なあなた

*065:眩/憐
やむことのない溜息に眩めいた風車の発音する憐れび

*066:ひとりごと/音
横顔のきれいな人のひとりごとを遠い異国の音としている

*067:葱/顔
笑った顔以外知らない君が帰ってくるまで玉葱を刻み続ける

*068:踊/帰
帰るべき場所に返事はもうなくて姫踊子草だけが揺れてた

*069:呼吸/返
困らせてばかりの夜更け繰り返す胃壁の涙と呼吸の侵食

*070:籍/食
緩やかに巻きこまれてく春いちばん偏食少女が入籍をした

*071:メール/春
本初子午線越しに届いたメール “hello,春はそろそろですか”

*072:緑/午
新緑の隙間からやわい夏の午後がこぼれて揺れるハンモックのかげ

*073:寄/新
寄せあった体温だけが触れられるもの新月の孤独の中で

*074:銀行/温
引き出さないだろう銀行に閉じ込めた記憶温もり君とのすべて

*075:量/出
高々と伸びゆく胸の杭からは微量の恋が検出された

*076:ジャンプ/胸
本妻の胸か愛人の唇か バンジージャンプで辿り着く先

*077:横/本
隠された本音探りつつとりあえず横断歩道を渡り始める

*078:合図/探
始まりの合図はわかっていたけれど終わりのそれは探してなかった

*079:児/図
大好きで溢れかえった図画工作児童図書たち三時のおやつ

*080:Lサイズ/大
少しだけ大きいねって肩さらすLサイズのシャツあなたの香り

*081:嵐/香り
むせかえる香りの波が押し寄せる花嵐の中奪ってください

*082:研/奪
限りがないほどに奪って奪われた研究室のキスそこここに

*083:名古屋/限
伸ばした手の際限なんてほぼなくて名古屋の鯱が見下ろした地上

*084:球/地
万華鏡のぞいたまんま空に行く地球色した海を抱えて

*085:うがい/華
頬に触れてくれるなら両手のほうがいい きれいな優曇華の花が咲く頃

*086:恵/両
浅知恵であればあるほど可愛くて両の小指も食まれてあげる

*087:天使/指
冷えた指先でなぞった甘い骨 天使は背(せな)を晒して笑んだ

*088:錯/冷
返された鍵で冷静になりました錯覚させてくれてればよかった

*089:減/鍵
減るものは何もないはずだったがらんどう1Kの合鍵まわす

*090:メダル/1
リーチだけは安易に揃うメダルゲーム あと1cmを逃す爪先

*091:渇/爪
ぱしぱしと枯渇した昨日を爪弾いて眠るラクダの睫毛の中で

092:生い立ち/枯
咲き誇れ枯れても宝となる生い立ちのすべてが次の種となりゆく

093:周/種
(元気でね)願いはひとつだけだった周回遅れで種を蒔きつつ

094:沈黙/願
この観覧車がいつまでも終わらないことばかり願う沈黙のなか

095:しっぽ/黙
そっぽ向き目を閉じ口を尖らせて黙して語らずしっぽをひとふり

096:複/閉
複雑なエレベーターキス何回も閉るボタンを押しこんでいた

097:訴/ボタン
夕暮れの電波に乗った訴えはボタンひとつで心臓へ続く

098:地下/心
地下鉄の終着駅で待っていて明かりが灯る昨日の心音

099:勇/終着
満たされた勇者は旅の終着点で眠る世界樹の木漏れ日浴びて

100:おやすみ/満
路地裏の猫になりますキスひとつで満ちていく月おやすみなさい
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://daieitanka.blog11.fc2.com/tb.php/365-45313a6a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ちょくちょく見ています。継続して日記感服します。私も頑張ります。もう寒くなってきたので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
Posted by akio at 2008.11.10 17:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。